HOME Useful hints 転職のベストタイミングは!?1月~3月が狙いどき?

転職のベストタイミングは!?1月~3月が狙いどき?

2018年11月30日

「転職」は働く誰しもが一度は頭に浮かんだことのある言葉ではないでしょうか?
入社した会社が自分にぴったりであればそんなこともないのでしょうが、なかなかそうはいかないものです。
「現在の環境に不満がある」「ステップアップしたい」など、さまざまな理由から転職をしますが、ではそのベストなタイミングはいつでしょうか?

 

求人数が増加するのは2~3月

日本の企業の大半が4月に新年度を迎えるというシステムを取っています。そのため新年度に向けての求人を出す企業は多く、求人数はやはり2・3月頃が一番多くなります。
4月から上半期が開始する場合、当然下半期は10月からになりますから、その直前である8・9月頃も求人数が増加する傾向にあります。

 

2~3月の転職のメリットは?

新年度を迎える企業に転職するということは自分以外のメンバーも新しい環境で働き始めているという可能性も高く、周囲に馴染みやすいというメリットがあります。
また前職では冬のボーナスをもらってからの転職ということになりますから、経済的にも少し余裕が出ることでしょう。

 

転職時のポイントは?

転職するにあたっては自分の価値を高めておく必要があります。分かりやすい価値は資格の所持です。国家資格などであれば、なお良いでしょう。
可能であれば資格を取得してから前職を辞め、新しい仕事に就くようにしましょう。仕事を辞めてから資格を取得して、それから仕事を探すとなると実務にブランクが出来てしまい、不利になってしまう可能性があります。

 

女性の場合

子供を持つことを考えている女性は、妊娠や出産による休職と職場復帰というハードルがあります。育児休暇は「同一事業主に引き続き1年以上雇用されていること。また、子供が1歳に達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれる場合にしか取得出来ないケースが多数です。

では、出産してから転職するほうが良いかというと一概にもそうとは言えません。小さな子供を抱えての転職、就職にはさまざまな制約が生じます。 難しいかもしれませんが、「女性の出産や育児に対して理解の深い企業に先に転職しておいてから育児に向かう」というのが理想でしょう。

 

転職の理由は人それぞれです。どんな場合でも人生のターニングポイントとなる出来事ですから、タイミングを計って良い転職をしたいものですね。
そのための参考として、1月~3月にかけて転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。
新しい職場に、輝かしい未来が待っているかもしれませんよ。

 

【掲載元】 ベティ IT×女性向け転職応援サイト