HOME She Loves... She Loves 『ファッション』♪ 好きな自分にやっと出逢えたからこそ突き進む!

She Loves 『ファッション』♪ 好きな自分にやっと出逢えたからこそ突き進む!

2018年11月02日

自分の弱みや短所を人に悟られたくないと思うこと、ありませんか?傍目にはわからないけれど、多かれ少なかれ誰しもが持っている部分です。それを丸ごと原動力に変えた女性のおはなしです。

自社製品や職場環境、尊敬する上司やユニークな会社の制度など、毎週様々な「はたらくインセンティブ」を持つシゴト充実系20代女子にインタビューする「She Loves…」。第9回は、パーソナルサロン“salon new me ”を立ち上げた仲本あんりさんをご紹介します。

仲本 あんり (Nakamoto Anri) 28歳

salon new me (http://salon-new-me.com/)パーソナルスタイリスト

愛知県出身

高校卒業後、母の背中を追いかけて看護師専門学校へ。看護師として働き始めた後、改めて自己を見つめ直しパーソナルスタイリストとしての道を歩き始めました。

自分を好きになれなかった学生時代

中学時代は縮こまって過ごしていたように思います。浮ついたことはとがめられるような感じで。ずっと他者の目を気にしていたのかもしれません。その反動からか高校時代はギャルになりました(笑)。ファッション雑誌は常にチェックし化粧の仕方を研究して・・。アルバイトをしていたので貰ったお給料すべてをオシャレにつぎこみました。『その服かわいいね』と言われると純粋に嬉しかった。自分の自信のなさを補ってくれる言葉だったんです。そう言われることで認めてもらえた気がして、どんどん外見に執着していきました。するとわたし自身も、他者を見た目などの外的要因で判断するようになっていたんです。そんな毎日を明るく過ごしていましたが、アルバイトは常に転々としていました。ストレスや対人関係の問題が苦手で、何かあると逃げ出していたように思います。様々な業種を渡り歩く自分に、後ろめたさを感じていて卑屈になっていたのかもしれません。

遠回りしながら自分自身の活力を見つけた専門学校時代

母が看護師だったので迷いもなく同じ道を選んでいました。でも人間関係で疲れ入学から3か月で休学してしまったんです。そこから半年以上休んで、あまり外に出ることもなく引きこもっていました。ありがたいことに先生の後押しがあり、夜間の新しい環境で復学しそれを勢いに勉学に励みました。その頃からなんとなく学校に行きたくない日でも、メイクや服装がきまると気が引き締まって力が湧いてきたんです。不思議なことにエネルギーを与えてくれて一日を楽しく充実させている自分がいて。外見とは周囲の人にどう見られるかというよりも、自分自身のモチベーション自体を左右するものだと実感しました。

転機!夫がそのままの自分を肯定してくれたこと

晴れて看護師として働くことになっても、相変わらず人間関係で悩んでいました。現状を脱したいというやみくもな気持ちもあったと思います。結婚をすれば何かが変わるのではないか・・という期待も含め、本気で婚活しました(笑)。晴れて結婚を果たし目標達成、しかしそんなに突然自分自身が変わるはずもなく、内面、外見と相変わらず隠す部分が多い私。夫にもすっぴん姿をためらうほどでした。それなのに、ある日アトピーで肌がボロボロになってしまったことがあるんです。隠したいのに隠しきれず、恥ずかしいのと焦りとでとにかく大騒ぎする私。ひどく取り乱す様子を見て、夫は『それくらいでどうした?』と。拍子抜けでした!汚くなってしまった自分を平然と受け入れてくれる人がいるなんて・・。今まで素の自分を出さず、常に最高でいたい、いなければと意地になっていたことが覆されたんです。わたしそのままでいいんだ・・と初めて気づいた出来事です。すると恥ずかしい反面、とても心が楽になったのです。

キーポイントはメンタル。自分と向き合うきっかけと好きな自分に挑む!

“好きな自分に出逢えると自分が変わる”。『面白いよ』と友人から勧められたある本の言葉です。わたしはどんな自分が好きなのだろう・・思い浮かんだのは、メイクや服装などのトータルな外見が決まった時、活力となり良い一日を過ごせた自分でした。身を持って体感していたからこそ他者にもこの想いを伝えたい。そこから養成講座、3か月間セミナーと参加し、思考回路の癖や根本の自分を見直す機会を得たんです。それに起業した女性とも多く出会い、100人女子会というイベントに出店したことも大きなきっかけになりました。多くの女性が、信念を持って自分の好きなこと、得意なことにチャレンジし前向きに人生を楽しんでいるんです。わたしだって好きなことは決まっている!好きなことを仕事に繋げたい、そんな熱い想いがどんどん強くなりました。いつでも根底には、夫がくれた言葉のように『わたしはそのままでいい』。今、自己肯定ができているからこそわたしも挑みたくなりました。

やるなら外見面以上のファッションに挑む!

2017年、意を決してパーソナルサロン “salon new me ”を立ち上げました。お客様には外見の提案だけでなく、時に内面部から見つめ直すきっかけをご用意させて頂くこともあります。コンプレックスの根源を知ることは怖いことであったり他者に知られたくない部分でもあるかと思いますが、あくまでも自分で気づいてもらいたいー。そこからサロンの醍醐味につながっていきます。新しい自分を再発見して輝いている女性を見ていると、とても嬉しいし楽しいんですよね!それをわたしが手がけられ、提案し応援することこそ大きな喜びです。メイクや服装は外見上のものですが、自分自身と日々向き合い、信じいたわり、一番に大事にすることで内面からも強くいられる。内面・外面とトータルしてファッションと捉え、女性に寄り添いたいと思います。

今後について・・

まず女性に伝えたいことがあります。『もっとわがままで、自由でいい!』。自分の好きなこと、楽しいこと、心地良いことを大事にしてほしいですね。わたし自身が『楽しさに君臨する』をモットーとし、好きな自分かどうかを判断の軸にしています。いつだって心と身体は繋がっていて正直な反応が現れるんですよね。そのようなメンタル部分を含めてのパーソナルサロンを目指しています。何しろわたしが身をもって、以前の自分から変われるんだと証明していますから!お客様の喜びが自分に返ってきてくれることを一つひとつ大事にしていきながら、やるからにはお手本とされる女性になりたいですね。わたしが多くの先輩方から刺激を受け、目標としているように・・。そのためにはびっくりするような(笑)大きな収入を得て、いずれは本も出したいです!